ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ日記⑬ からっぽ島(5)

ムーンブルクからからっぽ島に帰還したものの、仲直りできないままシドー様は一人で去って行ってしまいました。

f:id:Asami:20190119135718j:plain

シドー様のことは気になりますが、ひとまずムーンブルクから連れてきた住民達を連れてあおの開拓地へと向かいます。

その地では雪原とお城を作ることになりました。城の建築は住民達におまかせして、雪原を作りましょ。

f:id:Asami:20190119140248j:plain

素材島のヒエヒエ島からイエティを連れてくると、雪原が作れるようになります。

あおの地を全て雪原に変えてしまおう!と、楽しく雪原を作っていると、魔物が襲撃してくるとの報せが!

f:id:Asami:20190119141011j:plain

このときのために、ムーンブルクから持ってきた魔法兵器を全て設置。これで魔物対策は完璧だ!

f:id:Asami:20190119141213j:plain

しかし戦闘が始まると、住民達が魔法兵器より先のほうで戦ってしまうので、せっかく頑張って設置した魔法兵器の効果がいまいち発揮できませんでした・・・。旗を大きく振っても集まってくれないしどうなってるの!倒すのにすごく時間かかったんですけど!

f:id:Asami:20190119145623j:plain

一方、シドー様を連れ戻しに行ったルルでしたが、シドー様に語りかける謎の声が物騒なことを言ってくるので、追い返されてしまいました。なんだかんだ言ってルルとシドー様は最終的には結婚でもしそうな雰囲気が漂っているように思うのは気のせいでしょうか・・・。なんか怪しいぞキミタチ。

f:id:Asami:20190119142727j:plain

そして雪原作りと住民達が建てたお城が完成!しかしお城は欠陥だらけだとルルが言うので、天才ビルダーの私が手直しすることに。

f:id:Asami:20190119142957j:plain

王座の間と王の寝室を作らなくてはならないのですが、やはり部屋が広すぎると認識されませんね。とりあえずこれで完成!

これでからっぽ島の3つの石版に物作りのチカラが宿ったのじゃ!

f:id:Asami:20190119143635j:plain

するとしろじぃから、カラーブロックが無限に生まれる「ドットデコーダー」というアイテムを渡され、これを使って島の主としてこの島のシンボルマークを描いてくれと言われました。

ドットでお絵かきですか!なに作ろうか悩むぅ!

f:id:Asami:20190119144746j:plain

悩んだ挙句、ドラクエとは全く関係のないくまモン作ったモン。

f:id:Asami:20190119150206j:plain

そしてこのくまモンが島の旗となるのであった!くまモンの下へ集え!

するとその時、空がなにやら不穏な雰囲気に。

f:id:Asami:20190119183334j:plain

 そこにシドー様がやってきました。なんだか苦しそうですが、シドー様といえども私のくまモン旗を「あんなはた」呼ばわりは許しませんぞ!

f:id:Asami:20190119184251j:plain

しかしそのままシドー様は気を失い、そしてついにシドー様に語りかける謎の声の正体が判明。

f:id:Asami:20190119184614j:plain

それはやっぱりというか案の定という感じですが、大神官ハーゴンでした。といってもハーゴンは勇者に倒されたので、ここにいるのはハーゴンの亡霊だそうです。そしてこの世界はハーゴンの亡霊が作り出したまぼろしの世界で、勇者にやぶれてチカラを失ったシドー様をこの世界に逃がしたのだということです。

f:id:Asami:20190119185249j:plain

そこへ華麗にしろじぃが登場し、ハーゴンの亡霊に立ち向かいましたが、すぐに返り討ちにされてしまいました・・・。しろじぃーーー!!しろじぃの正体はいにしえのビルダーだったようです。しろじぃの消えた後には「ビルダーのたましい」というアイテムが残されておりました。用途は不明ですがお守りがわりに持っていることにします。

f:id:Asami:20190119185530j:plain

しろじぃは倒され、シドー様はハーゴンに連れて行かれてしまった・・・。

闇の中ではシドー様がアサミンに助けを求めている!これは助けに行かねばなりますまい!

f:id:Asami:20190119195404j:plain

 ということでシドー様救出作戦開始!

ですが、今回はここまでに。