読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

NieR:Automata(ニーア オートマタ) プレイ日記4

ニーア オートマタ

前回の続きです。

廃墟都市の陥没した地下からエイリアンの反応があるので、調査を命じられた2Bと9C。 

f:id:Asami:20170302011016j:plain

 さっそく現地に調査へ向かいます。

f:id:Asami:20170302020711j:plain

 地下を下りて行くと、空洞になっており、さらに進むと基地のような施設がありました。 

f:id:Asami:20170302021047j:plain

 扉を開いて進んだ先には、多数のエイリアンの死骸と破壊されたエイエリアンの母船がありました。

そこへ「ようこそ、我が創造主の墓場へ」と、何者かが現れました。

f:id:Asami:20170302021608j:plain

謎のイケメン2人。顔が同じに見えますが双子でしょうか。筋肉のつき具合もとてもいいですね!でも上半身裸で下半身だけ黒パンツて・・・江頭さんじゃないんだから・・・。

名前は左がアダムで右がイヴというそうです。

以前、砂漠で戦った機械生命体(コレ↓)と同じっぽい?

f:id:Asami:20170301030250j:plain

話を聞くと、機械生命体が何百年も前に、機械生命体の創造主であるエイリアンを絶滅させたとのこと。機械生命体は進化し続けており、その知能はエイリアンを凌駕してしまったようです。

アダムとイヴは、人間を理解不能で魅力的だと言い、月にいる人類を引きずりおろして、生きたまま分解して分析して秘密を暴きたいので、アンドロイド達に協力してほしいと言ってきました。

もちろんそんなお願いはお断りしますと、戦闘になりました。

f:id:Asami:20170302024213j:plain

機械生命体は自己進化を繰り返していく兵器だそうです。戦いながら説明してくれました。

そして戦闘が終ると、「これがエイリアンの末路だ。オマエ達が信じる人間はどうかな?」という言葉を残して二人はどこかへ消えて行きました。

機械生命体の創造主であるエイリアンは機械生命体に滅ぼされ、アンドロイドの創造主である人間は、これからどうなっていくのかって感じですかね。

 

そのことをバンカーへ報告するために、地下から脱出します。

9Sが「道を戻るのが面倒ですね」と私の心の声を代弁してくれていると、バンカーから「廃墟都市の転送装置の配備と稼動を確認しました」と連絡が入りました。

f:id:Asami:20170302025342j:plain

そして各地のアクセスポイントからアクセスポイントへ移動できるようになりました。

これでようやく移動が楽に!!

f:id:Asami:20170302025853j:plain

 たまっていたサブクエを消化しますよ!

 

f:id:Asami:20170303213913j:plain

バンカーの格納庫にいるヨルハ部隊16Dから、戻らない11Bの遺品を見つけたら譲って欲しいというサブクエ「11Bの形見」を受けました。

工場廃墟に行き、11Bの遺体を発見。そこには遺品の武器と一緒に11Bが遺した手記もありました。

f:id:Asami:20170303215545j:plain

f:id:Asami:20170303215612j:plain

それは『11Bの脱走計画』でした。なんと11Bはヨルハ部隊から脱走したんですね。

文中の「ヨルハ部隊は間違ってた。もっと安心できる場所を探さないと」というのが気になります。ヨルハ部隊・・・ちょっと怪しくなってきた。

依頼元の16Dのところへ戻ると、11Bの脱走計画のことを話すか話さないかの選択肢が出たんですが、正直に話してみました。

f:id:Asami:20170303213706j:plain

するとなぜか16D大喜びなんですけど!突然16Dの態度が豹変してびっくりですよ・・・。こんな口の悪いアンドロイドだったなんて・・・。選択間違えたのかしら・・・。 

ていうかアンドロイドって感情を持つのを禁止されてるって序盤に2Bちゃんが言ってた気がするんですが、みんな結構感情剥き出しな気が・・・。

 

それから、脱走したヨルハ隊員がレジスタンスキャンプの物資を略奪したりしているので捕まえてこいというサブクエ「裏切りのヨルハ」をやりました。

f:id:Asami:20170303223113j:plain

またヨルハ隊員が脱走したんですかー。ヨルハ隊大丈夫?ブラック企業なんじゃ・・・。

あちこち指定の場所を探すけどなかなか見つからず、工場廃墟でようやく見つけました!戦闘になりましたが、途中で逃げられてしまい、また捜索することに。

f:id:Asami:20170303225944j:plain

今度は巨大機械生物の頂上で発見!またまた戦闘になりました。

そして2人を倒すと、そこへリーダーらしき8Bが現れ、また戦闘になり倒しました。「何も知らない癖に!」と言っていました。なにかやはりヨルハは秘密がありそうですね。

レジスタンスキャンプのアネモネに、彼らに略奪された物資の件を聞いてみたところ、なにも盗まれていないとこのこと。なぬ!?

そのことをバンカーのオペレーターに聞いてみますが、司令官命令でこの件に関するデータにアクセスできないと言われてしまいました。

司令官怪しい!!

 

機械生命体の村のサブクエスト「親子喧嘩」では、怒って飛び出して行った男の子を捜し、護衛しながら連れて帰りました。

f:id:Asami:20170303232006j:plain

この男の子ロボットが可愛い!歩き方もカエルみたいにピョコンピョコンしてて癒されました。

f:id:Asami:20170303233654j:plain

母親ロボの元へ無事に連れ帰ると、母親ロボはネットワークから切り離されて、子供の気持ちがわからなくなったが、わかり合えた時の嬉しさが大きいと言いました。

この世界ではアンドロイドも機械生命体も本当に感情豊かですね。

 

他にもサブクエストはいろいろやりましたが、書ききれないのでメインストーリに戻ります。

f:id:Asami:20170302030231j:plain

バンカーに戻り、司令官に廃墟都市地下のエイリアンの件を報告すると、新しい任務を命じられました。 パスカルの情報収集ですか。

 

とりあえず今回はここまでに。

 

 

 

広告を非表示にする