ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

新生「ゴッド・オブ・ウォー」 プレイ日記⑥

 病魔

倒れたアトレウスを助けてもらうために、女神フレイヤに会いに行きます。

前回ひどい別れ方をしたのに今さらどんなツラを下げてという感じですが、アトレウスの命がかかっていますからね!そんなこと言ってられませんね!

f:id:Asami:20180504131119j:plain

先生!急患です!開けてくださいー!!子供が熱を!!!

最初はドアを開けてくれなかったフレイヤですが、アトレウスが倒れたと言うとすぐに開けてくれました。

フレイヤはアトレウスを見て、「これは普通の病じゃないわ。自分が何者なのか真実を知らずに苦しんでいる」と言うと、「私のせいか」とクレイトス。クレイトスはアトレウスに自分とアトレウスは神なのだという真実を隠しているため、アトレウスは自分のことを人間だと思い込んでるんですね。

f:id:Asami:20180504132730j:plain

アトレウスを助けるためには、ヘルヘイムにしかない特別な素材が必要で、それは断罪の橋を守る番人の心臓なのだそうです。

ヘルヘイムは極寒の地の冥界。クレイトスの斧リヴァイアサンは氷属性なので使えないとのこと。それを聞いたクレイトスは別の武器を取りに家に戻ることにします。

出発前にフレイヤはクレイトスにヘルヘイムに行くためのルーンを渡し、何があったとしても決して断罪の橋を渡らないように言いました。

f:id:Asami:20180504134449j:plain

家に戻り、床下から保管していた武器を取り出していると、入口にアテナが立って語りかけてきました。「逃げられはしませんよ、スパルタ人。真実からいくら目を背けようとも何も変わりません。あなたは偽りの自分を演じることしか出来ないのです・・・・・・あなたはこれからも永遠に獣のまま・・・」

それに対しクレイトスが「そうだ。だが最早お前の飼い犬ではない」と言って立ち上がると、アテナの姿は消えました。幻影だったのだろうか。

この会話の内容も武器を床下に封印していた理由も、前作をプレイしていないとさっぱり分かりませんな!

f:id:Asami:20180504140207j:plain

さっそく新武器で外にいる敵を試し斬り。炎の双剣がチェーンで伸びてめちゃくちゃ強いです!!今まで攻撃が通らなかった敵もスパスパ倒します!!

ちなみにこの新武器の名前は「ブレイズ・オブ・カオス」。厨二っぽいネーミングで大変良いと思います!

今までの「リヴァイアサン」と切り替えてどちらも使用出来ます。

f:id:Asami:20180504141735j:plain

新武器の臭いを敏感に嗅ぎ付けるブロックさん。

事情を話すと「力になるぜ。付いてってやろうか」なんて言ってくれて優しい。

f:id:Asami:20180504141629j:plain

テュールの神殿でフレイヤから渡されたルーンを使い、いざ冥界ヘルヘイムへ!

f:id:Asami:20180504143016j:plain

極寒の地というだけあって辺り一面凍りついてます。審判を下すはずのヴァルキュリアが不在のため、扉が閉まって死者が溢れている状態。

サブクエでヴァルキュリア達を全員解放すれば冥界もきちんと機能するんですかね。

アトレウスの弓の援護がないのが不安でしたが、「ブレイズ・オブ・カオス」が強すぎるので、敵を薙ぎ倒しながらバシバシ進んで行きます。

f:id:Asami:20180504143156j:plain

目的の断罪の橋を守る番人を発見!心臓をもぎ取る為に戦闘に。

f:id:Asami:20180504143538j:plain

獲ったどーーーっ!

番人としてきちんと仕事をしていたところを、一方的に襲われ、心臓をもぎ取られたという理不尽さに若干心が痛みますが、これもアトレウスのためなのだ・・・。

f:id:Asami:20180504144055j:plain

戻ろうとしたとき、橋の向こう側からゼウスの幻影が現れ、クレイトスの名を呼びました。ゼウスはクレイトスの父ということを聞いて、たまげるミーミルと私。そうだったのかーーっ!

ヘルヘイムは住むものを自らの過去で苦しめるのだそうで、今は戻ることに集中しろというミーミルの助言を聞いて元の世界に戻りますよ。

ヘルヘイムまできてくれたブロックが「冥界の風」という新しい機能を使えるようにしてくれたおかげで扉を開けて進むことが出来ました。

 

f:id:Asami:20180504144956j:plain

アトレウス!!心臓持ってきたよっ!!

これで熱を下げることができるけれど、病を治すには自分が何者か知らなければなりません。しかしそれは簡単なことではないと言うクレイトス。

そんなクレイトスにフレイヤは自分にも息子がいることを話しました。

フレイヤ:「あの子が生まれた時、ルーンが死を予言したの。息子を守るためなら何でもすると誓ったわ。いかなる犠牲も厭わないと。でもそれは自分のためだった。息子を失う恐怖のあまり、彼の人生を狂わせた。息子の恨みを知ったときはもう手遅れだった。でもあなたはまだ間に合う。この子を信じて。真実が辛いものでも、まず子供のことを思ってあげて」

するとクレイトスは「呪いなのだ。この子は呪われている」と言い、そこでアトレウスが目を覚ましました。何の呪いなのーーー!?

f:id:Asami:20180504151056j:plain

目覚めたアトレウスは父の姿を見ると「置いて行かないで」と言い、クレイトスは「行くものか」と答えました。まだフラつきながらアトレウスは「もう良くなった。二度と倒れない。約束する」と言います。健気過ぎるよ・・・。

f:id:Asami:20180504151720j:plain

こうしてアトレウスはひとまず復帰し、再び旅を再開することになりました。

アトレウスにかけられた呪いとは何か、いつか彼が真実を知ったときどうなるのかとても気になる展開ですね。

最後にクレイトスがフレイヤに感謝と労いの言葉をかけていたのが印象的でした。クレイトスも変わってきているんだと思います!

 今回はここまでです。