ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

二ノ国II  レヴァナントキングダム プレイ日記①

2018年3月にレベル5より発売されたファンタジーRPGゲーム PS4「二ノ国II レヴァナントキングダム」を買いましたので、プレイしていきますよ。

f:id:Asami:20180325030723j:plain音楽は久石 譲、キャラクターデザインは百瀬 義行(元スタジオジブリ)、そして声優は志田未来西島秀俊などという豪華キャスト揃いでそりゃもうプレイ前から期待も高まるっていうもんですよ。

ちなみにこの「ニノ国Ⅱ」は前作の「ニノ国 白き聖灰の女王」の続編ではありますが、ストーリー上の繋がりはないそうなので、前作をプレイしていなくても全く問題なく楽しめます。

 

※この記事はストーリーのネタバレを含みます。未プレイの方はご注意ください。

f:id:Asami:20180325032146j:plain

 「一ノ国」と対を成す もうひとつの世界「ニノ国」

 「二ノ国」の歴史は争いの歴史 

 弱き国は強き国に淘汰され消えていく

 やがて力を持ったいくつかの大国が残り 

 それぞれが互いに睨み合う 歪んだ時代が訪れた

 これはそんな世界を変えた 偉大なる王の物語である

「一ノ国」は我々の住んでいるような現実世界で、「二ノ国」は魔法などが存在するファンタジックな世界ですね。

そして物語は「一ノ国」のシーンから始まります。

f:id:Asami:20180325040056j:plain

大統領を乗せた車が、ある都市へと近づいたその時・・・

f:id:Asami:20180325040518j:plain

ミサイルが飛んできて、都市大爆発!!
車は爆風に飛ばされ、意識を失う大統領ですが、その身体が青白い光に包まれて消えてしまうという謎なところでオープニング終了。

 第一章 ゴロネールの動乱

f:id:Asami:20180325041410j:plain

ジブリ感のある動物っぽい生き物が喋っているので舞台は「ニノ国」へと変わったようです。

王宮内の部屋に金髪のネコミミの少年がいます。

するとそこへ突然大きな光が現れ、その中からなんと男の人が!どうやらオープニングで消えた大統領のようなんですが、なんだか若返っています。

f:id:Asami:20180325150630j:plain

突然現れた不審者に、ネコミミは剣を構えながら「ぼっ、僕は・・・エバン・ドリスファン・ニャンダール!この国の王である!」と礼儀正しく自己紹介をしました。

ネコミミエバンという名前の王様なのですね。王子かと思いましたが王様。ちなみに声は志田未来さんです。かわいいです。

「おまえはなにものだっ!?」と尋ねるエバンに対し

「そんなことより・・・ここはどこだ」と言って鏡を見る大統領。

f:id:Asami:20180325151428j:plain

若返っている自分の姿に驚き、ワケが分からないまま部屋を出て行くのですが、自己紹介までしたエバンがガン無視されていて可哀想でした・・・。

そんな無礼な大統領の名前はロウラン。声は西島秀俊さんです。かっこいいです。

ロウランが一ノ国で車で向かっていた場所はサミットの会場だったようです。大統領っぽいね!サミットの開催都市が爆破されたということは国際的なテロでしょうかね?

f:id:Asami:20180325161356j:plain

ロウランの後を追いかけ、エバンが衛兵を呼ぶも不思議と誰もおらず。

ロウランに子供扱いされて邪険にされるエバンが「僕はこのゴロネールの国王だ!」と2度目の自己紹介をしますが、それに対しロウランは「ほう、そいつはよかった。ところでおまえに聞きたいことがある。・・・私は死んだのか?」と、あっさりな返し。国王だということを信じていないんでしょうか。まあ突然見知らぬ世界に来たわけですから、しょうがないですね。

するとそこへ爆発音がし、ロウランが様子を見に行くことになります。

ここで初めてロウランを操作して移動するわけですが、ということはロウランが主人公なのかしら?

衛兵達の姿を見つけたので隠れて様子を伺っていると、そこにエバンがやってきて衛兵達にこの不審者を捕まえるように命じました。するとなんと衛兵がエバンに斬りかかろうとするじゃないですか。すかさずその衛兵を銃で撃つロウラン。大統領ともなると銃は常に身につけているのですね。

「狙いはおまえだ!下がってろ!」とエバンを匿い、ロウランは落ちている剣を手にし、バッサバッサと衛兵達を倒していきます。大統領つえー!

状況が分かっていないエバンに、「分からないのか?これはクーデターだ」と教えるロウラン。そして「ここは危険だ。俺について来い」とロウランに言われ、その後をおとなしく付いていくエバン。

ロウラン、状況判断能力高すぎませんか!?さすが大統領となった男!

f:id:Asami:20180325164735j:plain

こちらが今回のクーデターを画策したマーウ族のチューダイン。いかにも悪そうな顔です。

チューダインはエバンの父である先代の王も病死と見せかけて暗殺したようです。だからまだ幼いエバンが国王になったのですね。そしてそのエバンも殺そうとしていると!許さん!可愛いエバンを守らねば!!

 

f:id:Asami:20180325170731j:plain

エバンを連れてゴロネール城を脱出しようとするものの、衛兵達に取り囲まれてしまいました。そんなピンチのところに頼もしい味方が登場!

f:id:Asami:20180325170904j:plain

エバンが幼い頃から侍女を務めているというアルフィニーさんです。王の親衛隊も兼ねているそうで、とても強いです!

アルフィニーから先代の王の側近だったチューダインが謀反を起こしたと聞き「こんなことやめさせなきゃ!説得にいこう!」というエバン。可愛い・・・。

 しかし話が通じる相手ではないので、地下水道を通って外へ脱出しようということに。

f:id:Asami:20180325171848j:plain

気の利くアルフィニーがスーツを着ていたロウランに、目立たないようにとこの世界に合う服をくれましたよ。ありがとうありがとう。

f:id:Asami:20180325172433j:plain

さらに「ブキリング」という武器を格納して持ち運べるという魔法の指輪もくれました。これで戦闘中に武器を切り替えて戦うことが出来るようです。

ということでアルフィニーを加えた3人で隠し通路を通って地下水道へと向かいます。

道中落ちている素材を拾いながら地下水道を進んで行くと・・・f:id:Asami:20180325173324j:plain

出た!チューダイン!!!こんな地下水道へチューダイン自らやってくるとは!

逃げ場のない地下水道に強そうな黒騎士までいます。まさに「袋のネズミ」。そう、ネズミだけに!

この場はアルフィニーにまかせてロウランはエバンを抱えて地下の水路へと飛び込みます。逃げ場ありましたね。

その後、ロウランとエバンが地下水道の出口へと向かっていると・・・

f:id:Asami:20180325174423j:plain

黒騎士またキターっ!!

ここで黒騎士戦となりますが、この黒騎士めっちゃ固くて強い!

そしてエバンが殺されそうになったその時!アルフィニーさんが駆け寄ってきて、なんとエバンの身代わりに・・・!!!

すかさず黒騎士めがけてロウランが銃を撃つと、あっさりと地下の奥底へと落ちていく黒騎士。あんなに倒せなかったのに銃一発で!!もっと早く撃って!!

f:id:Asami:20180325175135j:plain

アルフィニーはエバンに「私には見えます。みんなが笑っているすばらしい国・・・その国を治めているエバン様の姿が・・・。真の王となり、この世界をお救いください」と言い、息を引き取りました・・・。

泣きながらエバンはその言葉を胸に刻み、王となってみんなが笑っていられる国をつくることを誓うのでした。

 

f:id:Asami:20180325180056j:plain

エバンの夢の中でしょうか。夢の中の少年と対話しているエバン。この少年は一体だれなのか??ここで少年の言う「出会い」というのはロウランのことですね。

f:id:Asami:20180325180820j:plain

目が覚めるとそこにはロウランがいました。

ここから操作キャラがエバンになりましたよ。というとやはりエバンが主人公なのかい?それとも2人とも主人公なのかい?まあそのうち分かるでしょう。

ロウランにこの先どうするのか?と尋ねられ、王になる決意を話すエバン。

それを聞いてロウランは「分かった。お前の好きにするがいいさ。俺もいろいろ迷ったが決めたよ」

f:id:Asami:20180325181339j:plain

「俺は この世界で生きていく・・・!お前と一緒にな」

マジか!?まあ元の世界に戻る方法も分からないからそうするしかないですけどもね!

キミの「一ノ国」もサミット開催都市が爆破されて大変な状態にあるのだということは忘れないでいてくれたまえ!

ロウランは状況判断能力と順応力が高い人物ですよね。転校生になっても転校初日にグループのリーダーになっちゃうタイプ!

f:id:Asami:20180325180645j:plain

とにかくエバンが可愛くてたまらないので、エバンが真の王となるのは喜んでお手伝いしたい!

と言っても二人きりでどうにかなるもんでもないので、きっとこれから仲間とかも増えていくんでしょうね。楽しみです。

今のところ操作面でも不満はなく、久しぶりにとても良いRPGに出会えた予感。

今回はここまでです。