ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

【ドラクエ11】ドラゴンクエスト11 プレイ日記⑬

6つのオーブを全て入手したので、命の大樹を目指しますよ!命の大樹へは始祖の森から行けるようです。 

f:id:Asami:20170809185750j:plain

シケスビア雪原からゼーランダ山へ行き、聖地ラムダへやってきました。

f:id:Asami:20170809205218j:plain

ここはベロニカとセーニャの故郷でもあります。

 オーブを捧げる祭壇は、この里を抜けたところにある始祖の森の山頂にあるそうなので、ひとまずここで疲れを癒していくことに。

f:id:Asami:20170809204749j:plain

聖地ラムダの長老ファナードさんです。これまでの旅で分かった邪悪なる存在について話しました。

始祖の森へと続く道は大聖堂の奥にあるということなので、そちらへ向かいます。

f:id:Asami:20170809212245j:plain

大聖堂には、ラムダの地に伝わる神話の一節が描かれた絵の数々が飾られていました。

f:id:Asami:20170809212406j:plain

いにしえの時代、命の大樹に選ばれし、主人公と同じアザを持つ伝説の勇者ローシュと

その勇者ローシュと共に戦った仲間の一人である賢者セニカ。そのセニカの生まれ変わりと言われているのがベロニカとセーニャなのだそうです。

f:id:Asami:20170809213715j:plain

長老ファナードに始祖の森へと続く扉を開けてもらい、命の大樹へ向けて出発!!

 

始祖の森の山頂を目指して山登りをしていると、ロウ老人が「このトシで山登りは足腰にこたえる」とバテぎみの様子。山頂までもう少しかかりそうなのでひとまずここらへんで休憩しましょうということに。

f:id:Asami:20170809215154j:plain

ベロニカにせがまれて、ラムダの地に伝わる曲を竪琴で奏でるセーニャ。

f:id:Asami:20170809214631j:plain

空を見上げると幻想的な命の大樹が見えます。

マルティナはウルノーガさえ倒せば、昔の父に戻ってくれると信じているようです。

そしてマルティナがふとベロニカを見ると、ベロニカの手に楽器のようなものが。

f:id:Asami:20170809220426j:plain

それは長老からもらったお守りで、祖先の賢者セニカが昔ラムダに残していった物だといいます。何だかすごい力を秘めていそうな楽器じゃないですか!?

 「夜更かしは乙女の天敵よん」ということで、明日に備えて寝ることに。

f:id:Asami:20170809220921j:plain

寝床で問い掛けるセーニャに、「セーニャはグズだからどうかしら」と言いつつも「でも、そうだといいわね」と答えるベロニカかわいい・・・。

 

f:id:Asami:20170809221538j:plain

そして翌日、始祖の森の山頂に到着すると、そこには祭壇がありました。ここにオーブを捧げれば命の大樹への道が開けるのですね。

f:id:Asami:20170809221901j:plain

集めた6つのオーブを祭壇に捧げます。

f:id:Asami:20170809222000j:plain

捧げました!

f:id:Asami:20170809222505j:plain

すると祭壇から虹の橋がシュルシュルと現れ、命の大樹へと繋がりました。

f:id:Asami:20170809223959j:plain

橋を渡り、命の大樹へとやってまいりました。幻想的な雰囲気です。

さらに上を目指して進んで行くと、大樹の塊の前へ到着。

f:id:Asami:20170809230022j:plain

大樹の塊の中には闇の力を払う「勇者のつるぎ」と思われしものがあります。どうやら勇者の紋章をたずさえた者しか中に入ることができないようです。つまり主人公しか入れないのです!

主人公が大樹の塊に手を触れると、周りを覆っていたツタが剥がれていきます。

f:id:Asami:20170809225924j:plain

そして「勇者のつるぎ」を手にしようとしたその時、背後から何者かが魔法を放ち、主人公はその場に倒れてしまいました。ぎゃーー!一体、誰がーーー! 

f:id:Asami:20170809231021j:plain

おまえかーーッ!!ホメロスーー!!尾行してたとはっ!!

f:id:Asami:20170809231425j:plain

ここにきてもまだホメロスは主人公を「悪魔の子」と呼ぶんですが、これは一体何でなのか。

闇のバリアに守られたホメロスには全く攻撃が効かず、圧倒的な強さの前にバタバタと倒される仲間達。この強さ、やはりホメロスがウルノーガなのか!!

ホメロスは大樹の塊に触れようとしたその時、「待て!ホメロス!」という声が。

f:id:Asami:20170809232447j:plain

それはグレイグ将軍の声でした。デルカダール王も一緒です。

恐らく先日のクレイモラン王国での件で、ホメロスに疑念を感じたグレイグ将軍が、デルカダール王を連れて、ホメロスの後を尾行してきたのでしょう。

グレイグ将軍が闇に染まったホメロスを成敗しようと剣を構えます。

f:id:Asami:20170809233156j:plain

しかし背後から放たれた魔法により、グレイグ将軍はその場に倒れてしまいました。

f:id:Asami:20170809233307j:plain

それはデルカダール王が放った魔法でした。

デルカダール王は完全にホメロスに操られてしまっているのか・・・。すると、デルカダール王の体から何か出てきました・・・!

f:id:Asami:20170809233651j:plain

えええええっ!?もしかしてアナタさまは噂のウルノーガですか?!てっきり今までホメロスがウルノーガだと思っていたのに!!デルカダール王のほうがウルノーガだったんですかー!?

f:id:Asami:20170809234011j:plain

「・・・我が主君、ウルノーガ様」と言いながら跪くホメロス。やっぱりウルノーガなんだあぁぁ!!

ルノーガはデルカダール王にずっと取り憑いていたようですね。恐らく16年前から!

ルノーガは「今こそ我が手中に落ちるとき、その力いただくぞ」と言って主人公の胸に手をうずめると、勇者の力を奪い取りました。

f:id:Asami:20170809234420j:plain

勇者の力を手にしたウルノーガは、大樹の塊から「勇者のつるぎ」を取り出すと、勇者の力を粉々に破壊し、「勇者のつるぎ」「魔王の剣」へと変化してしまいました。

f:id:Asami:20170809235510j:plain

さらに生命の根源である大樹の塊の力をもウルノーガは手に入れます。

f:id:Asami:20170809235639j:plain

命の大樹の葉は全て枯れ落ち、空は闇で覆われてしまいました。命の大樹の葉が枯れ落ちちゃったら、世界中の命も失われてしまうのでは・・・。

とんでもない急展開になってしまいました。

 

ここでセーブ画面が出たのでそのまま今までのデータにセーブしてしまったんですが、別のデータにセーブしたほうがもしかしてよかったんでしょうか・・・?!

これ、世界が闇に覆われてものすごくヤバイ感じじゃないですか!受けたままクリアしてないクエストとかいろいろあるんですけどーーー!?

まあ、きっとまたいつか出来るようになるだろうと信じて、今回はここまでに。