読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

ウィッチャー3 プレイ日記58 DLC 無情なる心④

 次はオルギエルドの2つ目の願い『マクシミリアン・ポルソディの家を持ってこい』 に取り掛かりますよ。

開け、ゴマ!

オクセンフルトにあるボルソディの競売場へ向かうと、競売場はレダニア兵が警備しており、招待客以外は入場禁止だと言われました。

f:id:Asami:20170518202441j:plain

そこへ銀行家のヴィム・ヴィヴァルディがやってきました。ゲラルトとは知り合いのようです。

ヴィヴァルディは衛兵に「俺は招待されている。そして彼は俺の連れだ」と言ってくれ、おかげで一緒に中に入れてもらえました。

 

中には大勢の招待客が集まっており、競売の時間になるまでヴィヴァルディが何人かの招待客を紹介してくれました。

f:id:Asami:20170518213126j:plain

ミグノール伯爵夫人

彼女はなんと昔ヴェセミルの恋人だったそうですよ!!そのことからウィッチャーの装備を収集しており、蛇流葉の鎧の設計図を売ってくれました。

ヴェセミルが亡くなったことを伝えると、とえも悲しんでいました。

f:id:Asami:20170518213707j:plain

画商のヤロミル

絵の目利きをさせられ、正解したら、競売に出品されるファン・ロッホの絵がノヴィグラドの本屋で高く買い取るというお得情報を教えてくれました。ヴィヴァルディに何の話だったか聞かれましたが、言うと横取りされそうなので黙っておきました!

 

他にはヒルベルトという人とグウェント勝負をし、買つと「ゴウンター・オーディムのカード」が貰えました。

 

いよいよ競売の始まりです。所持金2500くらいしか持ってない貧乏人なんですが・・・そういえば以前、オーディムが「金はたっぷり持っていけ」とか言っていたのはこのことだったんですかね。

f:id:Asami:20170519012858j:plain

 競売にかけられた品物は「ロミリー伯爵の小像」「ファン・ロッホの絵」「プロフェッサーの鼻眼鏡」の3点でしたが、全部競り落としても1000に満たない感じでしたので、全て手に入れることができました!

ちなみに「ロミリー伯爵の小像」を鍛冶屋で分解すると遺言状と鍵が手に入り、その遺言状を読むとサブクエ「闇の遺産」が、「ファン・ロッホの絵」からは後ほどサブクエ「熱心な収集家」が発生しました。どちらもすぐに終る簡単なクエです。

 

競売が終わり、しばらくすると、この競売場のオーナーであるホースト・ボルソディが現れました。

f:id:Asami:20170519021611j:plain

早速ヴィヴァルディがゲラルトのことを紹介してくれましたが、ホースト「招かれざる客だ」と言って、険悪な雰囲気に・・・。

ゲラルトが「<マクシミリアン・ボルソディの家>を手に入れたい」と言うと、ホーストは、どこでその話を聞いたのかとゲラルトに詰め寄り、ゲラルトはオルギエルドからだと答えました。

f:id:Asami:20170519023750j:plain

するとホースト「大問題だ」と言って衛兵を呼び、ゲラルトを追い出しました。オルギエルドの一族と何か因縁でもあるんでしょうか。

 

外に出されると、連行していたレダニア兵達が武器を持っていないゲラルトを襲ってきて戦闘になり、全て倒すと、背後から黒いフードの怪しげな男に声をかけられました。

f:id:Asami:20170519024054j:plain

 何者か尋ねると、男は「うまくいけば、お前のパートナーとなる者だ」と答えました。

男は競売場でゲラルトとホーストの会話を聞いていたらしく、ゲラルトが<マクシミリアン・ボルソディの家> を手に入れるのに手を貸してくれると言います。それがお互いの力になると。

そして男は「オクセンフルト付近に住んでいる薬草医を探し、ノコギリソウの液を手に入れろ。行けばわかる」と男は言い残し、去って行きました。

なんだかものすごく胡散臭い男ですが、家を手に入れる方法が他に見つからないので、ここは男が言っていた薬草医を探しに行くことに。

 

薬草医の家の前にはレダニア兵達がおり、ゲラルトが現れると戦闘になりました。

f:id:Asami:20170519030239j:plain

全て倒したあと、家の中に入り、薬草医に「ノコギリソウの液はあるか?」と尋ねると、地下室へ案内してくれました。どうやらこれが合言葉だったようです。

f:id:Asami:20170519030944j:plain

地下には先程のフードの男が待っていました。

ゲラルトの目的である<マクシミリアン・ボルソディの家> は競売場の金庫室にあるらしく、盗まれたものを取り返したいという男の目的のものもまた金庫室にあるということで、その共通の目的のために、お互い協力し合おうと男は言いました。

ゲラルトは泥棒は嫌だと言いながらも、死者は出さないという条件付きで、その計画に乗ることにしました。

計画には、競売場の横にある塔によじ登ってロープを降ろす侵入の専門家と、金庫破りか爆破の専門家の2人の仲間が必要だということです。すでに頼りになりそうな候補者を見つけてあるそうなので、ゲラルトが選んで誘ってくるように言われました。

 

 まずは侵入の専門家に曲芸師エヴリン・ギャロに会いに行きました。

f:id:Asami:20170519034943j:plain

 エヴリンに協力を求めると、エヴリンはショーに出る予定だった同僚が怪しいお酒を飲んで目が見えなくなって困っているそうで、ゲラルトにその代役を務めてほしいと言います。

何をすればいいのか尋ねると石弓を撃って的に当てればいいとのこと。

承諾すると、リハーサルもなくすぐにショーが開演されました。

f:id:Asami:20170519040117j:plain

男が持っているリンゴ全部に石弓を撃てばいいようです。

ゲラルトは「石弓の腕には自信がある」とか言っていましたが、実は私、このゲームを開始してからなんと一度も石弓を使ったことがないのですよ。

まさかこんなところで石弓デビューするときがくるとは・・・!リンゴを持っている男がこのことを知ったら、逃げ出すのではなかろうか。

まあ、実際やってみたら難しいこともなかったので、全部命中できましたけどね!

f:id:Asami:20170519040632j:plain

無事にショーが終わるとエヴリンは仲間になり、薬草医の家へと向かって行きました。

 

次は金庫破りの専門家クイントに会いに行きました。

f:id:Asami:20170519202123j:plain

クイントは数日前にシダリスのハンスという傭兵に逮捕されていたのですが、グウェント勝負に勝ったら自由にしていいということに。

あっさり勝てたのでクイントを解放してもらい、仲間にすることに成功しました。

 

最後にレダニア兵の巡回対策です。

f:id:Asami:20170519202236j:plain

錬金術で下剤を作り、それを兵士のスープに入れるように要塞の調理人に頼みました。「それは高くつくぞ」と言われたのでアクスィーを使って従わせました・・・。貧乏なんです!

 

薬草医の家に戻ると、集めた仲間達が揃っていました。

f:id:Asami:20170519203904j:plain

作戦は下記の通りです。

  • エヴリンが塔に入り、縄を落とす。
  • 全員が塔の中に入ったら、競売場へ向かう(中に警備員はいないはずだが、もしいたらゲラルトが対処)
  • 金庫室に降りてクイントが扉を開け、中に入ってお宝をいただき、秘密の通路を通って脱出する。

その後、全員一緒に目的の競売場へとやってきました。いよいよ決行です。

f:id:Asami:20170519205313j:plain

調理師に渡しておいた下剤が効いたようで、巡回兵も一人しかいません。

計画通り、エヴリンが塔に登って中に入ろうとすると、中に衛兵がいましたが、エヴリンはそれを倒してロープを降ろし、全員中へ入りました。

f:id:Asami:20170519211858j:plain

中に衛兵がいるというのは予定外でしたが、後には引けないのでこのまま作戦を進めることに。

f:id:Asami:20170519212342j:plain

金庫室のある競売場の地下へ向かう途中、競売関係の人達が数人集まっていて、衛兵を呼ばれてしまいました。

さらに衛兵との戦闘中、競売関係の一人に鐘を鳴らされてしまい、その鐘の音を聞きつけた衛兵達が競売場の外に集まってきてしまいました。

そこで中にいた男を人質を取り、男を解放する条件に馬車と馬を用意しろと外にいる衛兵と交渉し、時間を稼いでいる間にクイントが金庫の扉を開けました。

死者は出さないっていうことだったのに死者は出るし、衛兵には囲まれるしな計画外の状況に、エヴリンは抜けると言って、煙突を使って一人で逃げてしまいました。

まあエヴリンの仕事はもう終っているので引きとめず、3人で金庫室へ向かいます。

 

金庫室の扉の奥には、ホーストとその部下達がいました。

f:id:Asami:20170520024744j:plain

そしてここでこの計画の首謀者の男の正体が、ホーストの弟のエワルド・ボルソディだという驚きの事実が判明。

 エワルドはホーストに長年の復讐をするためにこの計画を立てたそうです。

話を聞いてみると、エワルド達の父親は遺言状で競売場をエワルドに遺したのだけど、ホーストがエワルドを騙し、相続から外させて自分のものにしたせいで、エワルドは物乞いなどをして長い貧困生活を送っていたらしいです。

これに対し、ホーストは自分達が稼いでいたものをエワルドがカードと娼婦に浪費していたことに気づいていたからだと言います。

f:id:Asami:20170520025736j:plain

 そしてエワルドかホーストのどちらの味方につくかの選択肢がでました。

どちらのこともあまり好きではなかったのですが、このままエワルド側につくことにしました。クイントはホースト側につき、戦闘に。

命乞いをするホーストにエワルドは容赦なく止めを刺しました。

その後、ゲラルトが目的の<マクシミリアン・ボルソディの家> のことをエワルドに催促すると、あれには自分に一家の財産を全て受け継がせてくれる父の遺言が入っているから渡せないと言います。

最初から渡す気がないのにゲラルトを利用していたとは!やはりさっきホーストについておけばよかった気もしてきました・・・。

f:id:Asami:20170520031643j:plain

しかしここは穏便に話し合い、中身はエワルドが取り、ゲラルトは入れ物を貰うことで解決しました。オルギエルドは文句を言うかもしれませんが、それでも願いは叶えたことになるのでしょう。

その後、エワルドとゲラルトは一緒に抜け道を通って競売場から脱出しました。

 

長くなったので今回はここまでです。