読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

NieR:Automata(ニーア オートマタ) プレイ日記14(3周目①)

 3周目スタートです。

2周目は1周目をそのまま9S視点でリプレイしたような感じでしたが、3周目は違い、アダムとイヴが倒されたところからスタートです。

全く新しいストーリーだと思うと、周回プレイという感じがしませんね。楽しみです!

 

 バンカーの司令官の演説から3周目は始まりました。

f:id:Asami:20170312214355j:plain

アダムとイヴを撃破したことにより、敵の指揮系統が混乱状態にある今、人類軍は地上に総攻撃を行い、機械生命体に奪われた地球を取り戻す作戦に出るようです。

f:id:Asami:20170312214840j:plain

2Bも重装備で飛行ユニットに搭乗して出動しました。

 

そしてここから9Sに変わります。

2Bに真実を告げる事が出来ないまま、最後の大規模侵攻作戦が開始された。だけど、僕はまだ知らなかった。この戦いの結末と・・・僕達の運命を

  

f:id:Asami:20170313030949j:plain

9S達スキャナー部隊は、敵の防空システムをハッキングで麻痺させる任務のようです。

f:id:Asami:20170313031412j:plain

廃虚都市の建物の高い場所にいる対象の機械生命体をハッキングします。

ハッキングしたらオペレーターのお姉さんに「エライですね」って子供扱いで褒められてる9S君。

マッピングされている5~6ヶ所でそれを繰り返すと終了し、2Bとの合流地点へ向かいます。

f:id:Asami:20170313032459j:plain

上空から地上へ降りてくる味方のアンドロイド部隊。この中に2Bもいるのでしょう。

 

f:id:Asami:20170313032701j:plain

操作キャラが2Bに変わり、シューティング画面になりました。

敵を倒しながら上陸し、9Sと合流します。

f:id:Asami:20170313033158j:plain

合流後、2人は、既に戦闘状態に入っている先行部隊を援護することになります。

f:id:Asami:20170313033829j:plain

敵を一掃するたびに、そこで戦っていた先行部隊が一緒に来てくれ、どんどん味方が増えていくので助かります。でも先行部隊は全員レベル20なので放っておくとすぐ死ぬ・・・。

オメガ部隊が苦戦中とのことで援護に入り、敵を倒していると、突然妙な音が聞こえてきました。

f:id:Asami:20170313034740j:plain

周りにいる機械生命体達の首が一斉に伸びたーーーっ!

f:id:Asami:20170313034927j:plain

するとEMP攻撃を受け、2B達は全員倒れ始めました。その様子を見て、急いで駆けつける9S。

f:id:Asami:20170313035149j:plain

どうやら広域ウィルスにやられてしまったようです。

機械生命体は首にそんなものを仕込んでいたとは・・・!

9Sは苦しんでいる2Bの元へ行き、ハッキングで2Bのウィルスを除去しました。

そのおかげで2Bは正気に戻りましたが、他の隊員達の様子がおかしいです。

f:id:Asami:20170313035655j:plain

全員、ウィルスに汚染されて正気を失い、こちらを襲ってきました!

味方を攻撃出来ないようになっているので倒したくても倒せず、大変ピンチ。

司令部に連絡を取ろうとしても、なぜか通信が繋がらず、さらにピンチです。

「 なんとかしてよ~・・・!9S~!」

「しょうがないなぁ、2Bちゃんは」テレテテッテテーブラックボックス~!!」

(会話はイメージです)

 そうです!困った時のブラックボックスですよ!

f:id:Asami:20170313040807j:plain

9Sの発案で、2人のログデータをバンカーにアップロードしてから、ブラックボックスを使って全員爆発させちゃいましょうということに。

f:id:Asami:20170313041320j:plain

9Sと2Bは互いにブラックボックスを取り出し、襲ってきた隊員達と共に爆発させました。

 

そして場面が変わり、バンカーの自室で目覚める2B。

f:id:Asami:20170313041646j:plain

 さっそく9Sと共に司令官のところへ向かいます。

f:id:Asami:20170313201413j:plain

地上のヨルハ部隊がウィルスに乗っ取られたことを司令官に報告しました。

しかし司令官に「ウィルス?地上からはそんな報告はないぞ?汚染されているのはお前なんじゃないか?」と言われてしまいました。なんて信用のない2人・・・。

f:id:Asami:20170313202032j:plain

「貴様達をウィルス汚染の疑いで拘束する」と司令官が言い、2人は周りにいたヨルハ部隊に囲まれてしまいました。

そのとき2人を囲んでいたヨルハ部隊に異変が・・・

f:id:Asami:20170313202534j:plain

みんなウィルスに汚染されてるじゃないですかーーっ!

一斉に襲ってきたので、ここは司令官を連れて逃げることに。ていうか司令官はなんで無事なんですか。

f:id:Asami:20170314023048j:plain

戦いながら格納庫を目指します。

司令官は「どうして、お前達2人は汚染されていないんだ?」と聞いてきましたが、その質問そっくりそのまま返したかった。

ちなみに2B達が汚染されていないのは、バンカーのサーバーデータにノイズがあった時に9Sがデータ同期を保留にしていたからです。

そして格納庫に到着し、飛行ユニットでバンカーを脱出しようとしますが、司令官は「私は・・・ここに残る」と言います。

f:id:Asami:20170314025018j:plain

やっぱり司令官も汚染されてたーーっ!

「私はこの基地の司令官だ・・・。せめて最後まで上官らしく、いさせてくれ・・・」

と司令官は言って、2人を見送りました。

f:id:Asami:20170314025631j:plain

 そして2人が飛行ユニットで脱出後、しばらくしてバンカーは爆発してしまいました。

f:id:Asami:20170314030041j:plain

汚染されたヨルハ部隊達が、飛行ユニットで追いかけてきて攻撃してくるので応戦しますが、なかなか撃退できません。

そこで2Bは「ここを突破する」と言って9Sの機体制御権を渡してもらうと、9Sを戦線空域から離脱させました。

その後、2Bは1人で戦い続けましたが、機体に大ダメージを負い、脱出して地上へ飛び降りました。

 

続きますが長くなりそうなので、今回はここまでに。