読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

[FF15]ファイナルファンタジー15 プレイ日記24 

今回はストーリー終盤からエンディングまでについての記事です。

まだ未プレイの方は見ないほうがよろしいかと!

  

 

f:id:Asami:20161221024908j:plain

 ずっとこのまま過去の世界でみんなと楽しくフラフラしていたいのは山々なのですが、それだとストーリーをクリアできないので、渋々ながらアンブラを呼び、現在へと戻ります。

 

f:id:Asami:20161221025740j:plain

 10年ぶりのキャンプ。イグニスは目が見えないにもかかわらず相変わらずステキな料理を作ってくれました。これが最後のキャンプになるのでしょうか・・・。

 

f:id:Asami:20161221030213j:plain

そして王都へ到着。なんか皆さん衣装が変わってますね?!

 

f:id:Asami:20161221030514j:plain

進んで行くと目の前にアーデンさんがいました。10年も待たせてしまいましたね。

なんだか待っていたのはアーデンだけではなかったようで、この先で炎神イフリートがお待ちかねらしいですよ。最後の六神はスルーしたままクリスタルの中で冬眠しちゃったから、怒ってイフリート様のほうからやってきたんでしょうか・・・。

f:id:Asami:20161221031022j:plain

まあなんでここにいるのかは謎ですが、アーデンが言うには「炎神イフリートは人を愛した氷神と対をなす神」ということで当然のように戦闘になりました。

さんざん寄り道してきたおかげでこちらのレベルは80を超えてるので、特に戦闘での苦労はなかったんですが、剣神バハムート様が助けに来てくれました。

f:id:Asami:20161222235750j:plain

バハムートに限ったことではありませんが、寄り道ダンジョンで全滅しかけて心の底から助けを求めているときは来てくれず、こういう余裕のある戦闘で来てくれるのはなんなんでしょうか。

f:id:Asami:20161222234138j:plain

 チラリと見えたバハムートの眼が女性のように見えますね。もしかしてバハムートは女性の神様なのかしら?

そしてバハムートがイフリートを引き付けている隙を狙ってノクティスがとどめの一撃を与え、倒したかと思いきや、イフリートはまた立ち上がりました。バハムートはさっさと帰ったのかいなくなってるし、ほんとに何しにきたのこの役立たずと思いましたが相手は神様なのでとても言えません。登場の華麗なグラフィックを見せて頂けただけ有り難いというものです。

そして再びイフリートと戦っていると、なんと今度は氷神シヴァ様が助けにきてくれました。

f:id:Asami:20161223000239j:plain

この作品の召喚シーンは本当にどれも溜め息が出るほど美しくて見惚れてしまいます。

ザンネンなのはラムウ爺さん以外、1度しか見れてないことか・・・。

f:id:Asami:20161223000452j:plain

炎と氷はどっちが強いのかなって思いましたが、氷の圧勝でした。

イフリートは砕け、「炎神の欠片」を手に入れましたが、これで六神の啓示を全て受けたことになったのでしょうか?そこらへんもよくわかりません。

 

そしてノクティス達はアーデンの待つ王城へ入りました。

ここからきっとものすごく長いランストダンジョンがあるんだろうなと思ったんですが、なんとアーデンが気を利かせてエレベーターを使用できる状態にしていてくれた為、王の間前まで敵もいなくてサクサク移動でした!まあアーデンも10年待ったわけですからね、これ以上待ちたくない気持ちはわかります。

 

そしていよいよ王の間が目前となったところで、ノクティスはプロンプトに「写真を見せてくれないか。1枚だけ欲しい。持って行きたいんだ」と言いました。

そして今まで撮った写真の中から1枚だけ選ぶことになるんですが、これものすごく悩みました!カエムを出航するときの全員集合の写真もいいなとは思ったんですが、やっぱりレガリアで旅した思い出のほうが深いのでこれにしました。

f:id:Asami:20161223012234j:plain

しかしこれ、プロンプトがノクティスのいなかった10年間の3人での写真しか持ってきてなかったなんてことがなくて本当によかったよね!

 

 写真を受け取り、王の間の扉を明けると、そこには玉座に座ったアーデンと吊るされた死体が!

f:id:Asami:20161223005018j:plain

吊るされた死体はルナフレーナ、イドラ、レギスとあと一人誰かわからなかったんですが、ぐぐってみたら「KINGSGLAIVE FF15に登場していたニクスのようです。

これは実際に吊るされてるわけではなく、アーデンが見せてる幻影なのだろうとは思いますが、「KINGSGLAIVE FF15を観ていないノクティスにニクスの死体を見せても効果ないと思うの。

 

f:id:Asami:20161223010050j:plain

 アーデンはお供3人衆を一撃で倒し、「これは俺たち王の戦いだ。無駄なものはいらない」と言いました。

アーデンはやっぱり王家の人なんですね。王家の人間だったけど当事の王に殺されたんですね?それを恨んで王家を未来ごと潰そうとしてるんですね?壮大な私怨の物語?レギスやノクティスとは同じ苗字だけどご先祖様なの?どうなのそこらへん?

と、ここにきてもまだ私にはアーデンのことがよくわからないんですが、戦闘が始まってしまいました。

f:id:Asami:20161223011326j:plain

これがラスボス戦になるのでしょうか。

今までのRPGゲームだと大体長いラストダンジョンの果てにっていうパターンが多かったので、いきなりのラスボス戦に戸惑いを感じてしまいます。

まあ別にダンジョン大好きっ子っていうわけではないので、手間が省けていいんですが。

f:id:Asami:20161223012634j:plain

なんかアーデンがファントムソードの力を持っているんですが!?王家の人間だからそれは持てるんでしたっけ?ファントムソードはOKで指輪やクリスタルはダメだったってことですかね?

 

f:id:Asami:20161223013042j:plain

そこへ歴代の王様達が現れたんですが、別に戦闘を助けてくれるわけではなく、使命を果たす準備はできているということらしい。

ていうかこのアーデンとの戦闘中、歴代の王様達どころか六神も誰も助けてくれなかったんですがっ!!??何のために啓示を受けたのか!?

 

戦闘中、アーデンに父親が死んだときバカ騒ぎして遊びほうけていたガキが 恋人が死んだとき疲れ切って横でのびてたマヌケが」って言われたんですが、ぐうの音も出ないとはまさにこのことだと思いました。

 

 ようやくアーデンを倒すと、横たわるアーデンが「終わったね王様 シガイを排除して平和な世界を作るのか?オレをまた歴史から消し去って」と意味不明なことを言いました。アーデンを倒したらシガイは全て排除されるシステムなんでしたっけ??シガイって寄生虫が原因じゃなかったんでしたか?真の王の力とやらで寄生虫も全滅するのかな?

f:id:Asami:20161223014826j:plain

 まあよくわかりませんが、それに対しノクティスは「でも今度は眠れるだろ?目を閉じろ もう目は覚まさねーよ」と答えるのでした。「先に行って待ってるよ」と言って目を閉じるアーデン。

ここにきてアーデンは死ぬことを望んでいたのでないかと思い始めました。

自分を殺せるのは真の王の力だけだから、ノクティスが真の王になるまで待っていたのでは?恨みで王家を未来ごと滅ぼしたいだけならそんなの待たずに王家の人間を片っ端から殺していけばいいのだし。

 

ともあれこれで終ったのか。

 と、思ったらまだ終らず、ノクティスがイグニス達3人に見送られるシーンへと変わりました。てっきり3人は死んじゃったのかと思ってたけど生きてたんですね。

ノクティスは3人に「後は頼んだ。常に胸を張って生きろ」と言いました。するとイグニス「どうかご無事で陛下」と言って3人でお辞儀をするんですよ。初めて敬ってくれた!

ノクティスは「行ってくる」と言って王城の中へ入っていきましたが、イグニス達のそばには強そうなシガイがわらわら沸いてきましたよ。大丈夫。。。?

 

(このあたりから撮影禁止禁止区域に入ったのでスクシーンショットが一枚もないままだらだらと書きます・・・)

 

「帰ったよ。ちゃんと胸張ってさ。遅くなったけど強くなった」と言って玉座に座るノクティス。

そして「ルシスの王よ 集え」とノクティスが剣を床にたてると、歴代の王達が現れました。玉座の横にはレギス王もいます。

するとなんと歴代の王達が玉座に座るノクティスを次々と剣で刺してくるんですけど・・・!!!な、なにこれ・・・。

「親父あとは任せろと」言ってレギス王に剣を渡すとレギス王にも刺されました。

・・・なんていうか!ポカーンなんですけど!!!

 

以前バハムートが言っていた「お前の命と引き換えに力を解放すれば全ては終る」っていうのはこれのことですか。

 

 舞台は異次元世界に移り、そこにはアーデンがいました。また戦うのか・・・。

と思ったら、ノクティスの側にイグニス達やレギス王が現れるのを見て、なにやら苦しそうにするアーデン。さらにルナフレーナが現れ、アーデンの右腕に触れるとさらに苦しむアーデン。

そして□ボタンを押せみたいなコマンドが出たので□ボタンを押すとノクティスのカラダから歴代の王達が飛び出してきてアーデンに襲い掛かり、砕け散るアーデン。続いて砕け散るノクティス。

・・・・・・

なんていうか!ポカーンなんですけど!!!(2度目

 

「長かったなぁ」と最後にノクティスがつぶやきましたが、「そうかなぁ?」なんですが!

 

そして物語の冒頭の車がパンクして4人で押すシーンの会話とともに、エンドロールが流れました。「スタンド・バイ・ミー」の歌詞がノクティスの心境を語っているかのように思えてなんだか切ない。

 

これで終わりなのかと複雑な心境でそれを眺めていましたが、その後、最後のキャンプのときのシーンが始まり、ノクティスが3人に辛いと心情を打ち明けるんですよ。

これは以前シドが言っていた抱えたもんを話してくれねえってのは辛いもんだ」のセリフと繋がっているのでしょう。

切ないシーンだなと思いました。

 

 そしてそのあと2度目のエンドロールが流れたんですが、そのあとですよ!

陽が昇り、世界に光が戻り、明るい光に包まれるインソムニアの王の間にどこからともなくレギス王の声が・・・!

「ルナフレーナ 息子に指輪を届けてくれてありがとう。知っての通り頼りない息子だが、最高の息子だ。どうかよろしく頼みます」

 するとルナフレーナとノクティスの結婚シーンが・・・・!優しく見つめ合いながら、思い出に持っていった1枚の写真をルナフレーナに見せるノクティス・・・。

もうね、泣いてしまいました・・・。

あんなにエンディングでポカーンだった私でしたが、この結婚シーンに全て持ってかれた・・・。

この結婚シーンて死後の世界ですよねきっと。そう思うともうね・・・。2人の人生が悲しすぎるんですよ。

「クリスタルに選ばれし王」って聞こえはいいけど、実際は貧乏くじ引いちゃったようなもんじゃないですか。貴重な青春時代を10年もクリスタルの中で一人で過ごさなきゃならず、挙句の果てに命まで捧げなければいけないって、ひどい話だよまったく・・・。

 

とりあえず結婚シーンからのタイトルロゴの演出は最高に感動しました。

f:id:Asami:20161225182655j:plain

ずいぶんと長くなってしまいました。

次回はクリア後の感想など書いてみようと思います。