読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

[FF15]ファイナルファンタジー15 プレイ日記20

CHAPTER13 奪還

f:id:Asami:20161215232755j:plain

プロンプトとクリスタルの待つ帝都グラレアへと向かうノクティス達でしたが、そろそろ帝都に着きそうだというところで、再び列車が止まってしまいました。

f:id:Asami:20161215234525j:plain

様子を見に行くと、外からシガイが侵入してきましたよ。

しかしなぜかノクティスの武器が使えなくなっており、戦えません。

どうやらアーデンに武器召喚の力を封じられたようなのです。前回、去り際にスイッチみたいなのを押してたアレですか?!!

ていうかアーデンはノクティスをどうしたいのかさっぱりわかりません・・・。

殺したいなら今までいくらでもチャンスはあったし、クリスタルへおびき寄せたいのならこんな邪魔しなくてもいいと思うの!

 

貨物車両にレガリアがあるそうなので、脱出するためにそこへ向かいます。

レガリアに乗り込むと時間制限のあるドライブが始まりますので、止まらずにひたすら走り続けます。

そしてレガリアはすっかりボロボロに・・・。

f:id:Asami:20161216000506j:plain

f:id:Asami:20161215235726j:plain

ノクティスはレガリアに乗っていた若かった父のことを思い、お礼を言いました。

ところでこれはあれですか、もうルシスでのサブクエや討伐依頼は、アンブラ経由の過去のルビスでしか出来ないってことですかーーーっ!??

ストーリー的にも気持ち的にも過去のルシスへ行こうっていう気になかなかなれないのですが・・・。でもやり残したことはいっぱいあるのでどこかで行きたいとは思います・・・。

 

f:id:Asami:20161216000548j:plain

ジグナタス要塞に到着したものの、途中でイグニスとグラディオラスの2人と離れ離れになってしまい、ノクティスは武器も使えないまま一人になりました。

そこでようやく光耀の指輪をはめる決意をするノクティス。

f:id:Asami:20161216001927j:plain

指輪をはめたら、敵に当てると即死して自分のHPを回復までしてくれるという、ステキな魔法が使えるようになりました。

 

f:id:Asami:20161216002020j:plain

進んで行くと、王の剣とともにレイヴスの亡骸が・・・。

これで10本目のファントムソード「父王の剣」ゲットです。これで戦闘がぐっと楽になりますよ!レイヴスありがとう・・・。

しかしこの剣が最後のファントムソードだったらさらに感動したと思うのだけど、あと3本もあるんですよね。

ルシスを発つ前に集められるものなら集めておいたほうがよかった。

 

レイヴスの亡骸の近くに手紙のようなものが何枚か落ちていました。

f:id:Asami:20161216004109j:plain

f:id:Asami:20161216004203j:plain

f:id:Asami:20161216004135j:plain

内容から考えて、これらはレイヴスがルナフレーナ宛に書いた手紙っぽいですね。

しかしここに落ちてるのはなぜ・・・?

 

f:id:Asami:20161216010608j:plain

この要塞は雰囲気がバイオハザードっぽくて、倒れている死体がときどきゾンビのように起き上がって襲ってくるのでドキドキしますよ!でもバイオハザードとか苦手なのでこういうのいらないから!

 

f:id:Asami:20161216011008j:plain

進んで行くと、イグニスとグラディオラスの二人と再会できました。

アーデンが2人を殺さなかった理由もまた謎なんですが。

 

f:id:Asami:20161216011217j:plain

そしてさらに進むと、ようやくプロンプトと会えました!生きててよかった!

 

 久しぶりに4人揃ったところで、さらに先へと進んでいきます。

すると開かない扉があったのですが、プロンプトが開けてくれました。

f:id:Asami:20161216012001j:plain

そしてここでプロンプトが言いにくそうに「ごめん、オレ ニフルハイム人なんだ」と突然打ち明けてきました。まあ、アーデンがそんなこと教えてくれてたので知ってたんですが、アーデンから聞いたときも「フーン」としか思いませんでしたが。びっくり展開が多すぎてもう「ごめん、オレ バハムートなんだ」くらいのことでないと驚きませんよ!

ノクティス達も「別に生まれなんてどこでもいいし」と、気にとめてないようでした。

ていうかこの話ぶっこむ必要あったんでしょうか?

このことが関係のある出来事がこれからあるっていうならいいんですけども・・・。

 

そして扉の先に進んで行くと、なんとシガイにされたレイヴスが!

f:id:Asami:20161216020649j:plain

そういえば「腕を失った代わりに得たすごい力」とやらを一度も見てませんでしたからね。きっとここで見せ付けられるのでしょう。

ということで戦いましたが、結局それがどういう力なのかはよくわかりませんでした・・・まあ確かに強かったしHPも多くて倒すのに苦労しました。

 

そしてこの要塞にきてようやく「シガイ」について理解してきました。「シガイ」とはその名の通り、かつては動物や人だったけど死んで、帝国の技術で死体のまま蘇らせ、兵器として使われているものたちのことなんですかね。

それでこの世界には「シガイ」以外にも通常のモンスターもいるんですね。

あ、でもトンベリやボムやプリンも「シガイ」に分類されるんでしたっけ。ベヒーモスはどっちですか。・・・やっぱりあんまり理解してないかも。

f:id:Asami:20161216021842j:plain

そういえばどこで撮ったか忘れましたが、帝国のイドラ皇帝もシガイにされてしまったようです。イドラ皇帝はかなりの重要人物だと思うのですが、シガイにされるシーンも全く無く、こんな雑魚のような扱いにされてしまっていいのでしょうか・・・。

 

話がそれましたが、シガイ化されたレイヴスを倒すと、たくさんのシガイがわらわら現れて、倒しきれなくなりました。

f:id:Asami:20161216022835j:plain

そこでここは3人に任せてノクティスだけがクリスタルへ向かい、クリスタルの力でシガイを一掃しようということに。

  

まだ続きますが、長くなりそうなので続きは次回に。

  

 

 

広告を非表示にする