ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

[FF15]ファイナルファンタジー15 プレイ日記14

 CHAPTER8 船出 

 f:id:Asami:20161210184118j:plain

 

アラネア様にレスタルムまで送ってもらい、到着すると、なにやら工場で騒ぎが起きているとのこと。

f:id:Asami:20161210215856j:plain

どうやら工場の中でシガイがおり、発電所の暴発を防ぐ為にシガイを倒しに行かないといけないようです。

 

f:id:Asami:20161210220004j:plain

 防護服は一着しかないので、プロンプトとイグニスはお留守番で、ノクティスだけが行くことになりました。

もう一人の別のハンターが先に行っているようなので、その人と落ち合ってシガイを倒して行きます。

f:id:Asami:20161210220133j:plain

もう一人のハンターの方の武器や声が明らかにグラディオラスなんですが・・・

 

任務終了後にその人の顔を見ると・・・

f:id:Asami:20161210220352j:plain

やっぱりグラディオラスでした・・・なにしてるん・・・

傷も増えてるようなので、一人でハンターとして鍛えてたんでしょうか。よくわかりませんが仲間に戻り、再び行動を共にすることになりました。

 

 これから船に乗るためにカエムへ向かうのですが、その前にまたまたサブクエストが増えたようなので、そちらを片付けようと思います。船に乗ったらしばらく戻れそうもないと思いまして。

 

f:id:Asami:20161211023836j:plain

 グラディオラスが「カップヌードルにとびきり上質で斬新な具を乗せて極上カップヌードルにしたい」とか言い出しました。離れているあいだ、そんなことを考えてたんですか。まあいいでしょう。極上カップヌードルを作りましょう。

好きな具はなにか聞かれたので「エビ」と答えたのですが

f:id:Asami:20161212195631j:plain

 こんなでかいエビと戦うことになるとは・・・。

戦ってる途中、「大きすぎて味が落ちる」っていう声が聞こえてきたけど、私もそう思います。

f:id:Asami:20161212195919j:plain

そして完成したカップヌードルがこちらです。あんなに大きいんだからもっとエビをてんこ盛りでお願いしたかった。

余談ですが、このクエのおかげで私は猛烈にカップヌードルが食べたくなって、翌日買いに行ってしまいました。企業の策略にまんまと乗せられております。

 

メルダシオ協会本部へ立ち寄ると、エイゲル先生からメルロの森でホタルを3匹捕まえてきてほしいと頼まれました。

f:id:Asami:20161212205003j:plain

メルロの森にはディーノの「虎穴の中で光る虎児」で頼まれたルビーの原石もあるので、ついでにやりました。上のマップの場所です。

 

メルロの森の奥まで進んだところにボスっぽいモンスターいるので、それを倒したところにホタルがいるので、捕まえます。ここでもやはりホタルは余分にはおらず、3匹しかいないのですが、光っているのでカエルよりは見つけやすかったです。

f:id:Asami:20161212204234j:plain

f:id:Asami:20161212204334j:plain

その先に伏龍王の墓所があり、7本目のファントムソード「伏龍王の投剣 」をゲット。

 

f:id:Asami:20161212210616j:plain

どこかで宿泊したときに、プロンプトが撮った写真の中に真っ白な写真があって、「心霊写真?!」のトロフィーがきました。心霊写真というよりはただの失敗写真にしか見えないんですが・・・。

 

その後、再びストーリーを進めるためにカエムへと向かいます。

カエムへ到着すると、写真撮影ポイントがあったのでプロンプトにパシャリと撮ってもらいました。

f:id:Asami:20161212211607j:plain

その写真に突然イリスが写っていて、こっちのほうが心霊写真かと思うほどびっくりしたんですけれども!!グラディオラス完全に隠れてる・・・。

 

写真撮影した先の家の前にイリスがいました。話しかけると畑で栽培ができるようになり、栽培した野菜を交換でいろいろなアイテムがもらえるようです。

 

そしてカエムの灯台へ行き、エレベーターに乗ろうとすると、またまたアンブラがやってきました。キミは働き者だな。

f:id:Asami:20161213212552j:plain

 ルナフレーナからの「オルティシエでお待ちしています」メッセージに、「出航の準備を進めている」と返しておきました。

 

 エレベーターを降りると、コル将軍がいて、レギス王を守れなかったことをノクトに謝ります。そこへシドがやってきて「守りようがなかったのはわかってやれ」と言い、ノクトも「わかってるし」と答えました。

そしてシドは「仲間は大事にしろよ」というような話をしました。

f:id:Asami:20161213215137j:plain

この写真に写っているのはシドとコル将軍とルシス王の若い頃のようです。ルシス王も若い頃、今のノクトと同じように3人の仲間と車であちこち旅をしていたのですね。

 

f:id:Asami:20161213221021j:plain

タルコット達に見送られながら、いよいよオルティシエへ向けて出発です。

 

f:id:Asami:20161213222039j:plain

いつのまにかプロンプトがこんな写真を。船出の前に記念撮影したんでしょうか。

 

 

 

広告を非表示にする