読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

√Letter ルートレター 3

~√Letter ルートレター

第3章 バナナの便箋

 高校生が集まるという「まるこし」という店で、亜弥ちゃんからの3通目の手紙を読みました。

f:id:Asami:20160702022653j:plain

今回はサルくんの話ですね。

サルくんだからバナナの便箋だったのか。

 

松江に詳しいというはくちょう号のキャプテンに会いに行き、16年前に大庭高校で不祥事があって甲子園に行けなかった話を聞きました。

図書館へ行き、その事件について調べてみると、どうやらサルくんは以前、主人公を不審者扱いした渡辺という教師らしい。

 

大庭高校へ行ってみるが、渡辺は不在でした。

そこでサルくんと同級生だったはずのメガネくんから情報を聞くために、市役所へ行きました。

しかしメガネくんはなかなか教えてくれません。

f:id:Asami:20160702030629j:plain

 相変わらず、情報を得るためなら、人の心を傷つけることも気にしない主人公。

そしてサルくんが暴力事件を起こしていたという情報を得ました。

主人公「またなにかあったら聞きに来るからな」

メガネくん「もう来ないでください」

タチの悪い借金取りみたいな会話ですね。

 

大庭高校の野球部員から、渡辺はモンキー・ミックスというカクテルを飲むということを聞いていたので、中村BARへ行きました。

 渡辺発見。

f:id:Asami:20160702031940j:plain

 渡辺に文野亜弥と自分が文通していたことを話し、「俺の持っている手紙にはクラスメイトのことが詳しく書かれているんだ」と告げると、なぜか激しく動揺する野津マスター。

その後、野津マスターに友人の土産でもらったというオルホという珍しいお酒をごちそうになって、記念にボトルをもらって帰りました。

その帰りの途中に突然チンピラにからまれていると渡辺が助けに現れました。

チンピラ達が渡辺を見て「サルだ!」と言っていたのを聞いて、助けてもらったお礼も言わずに渡辺への追求を開始。

 f:id:Asami:20160702184305j:plain

 渡辺は自分がサルくんだということを認めた。

 暴行事件を起こしたとき、それを告発したのは亜弥ちゃんだったようです。

バナナの便箋を読ませると感動する渡辺。

f:id:Asami:20160702184907j:plain

しかしやはり文野亜弥という名前の生徒はいなかったと言われる。

 

f:id:Asami:20160702195318j:plain

最後に田中にメアド交換を頼むと、快諾してくれる田中。サルくんいいやつだな。

それにしても、追求がメガネくんのときと違って主人公がひどい言葉を浴びせなかったのは、サルくんがチンピラも追い払える強い人だからですかね?

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする