ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

ドラゴンクエストビルダーズ 14

 

マイラ・ガライヤ編(5)

 アルメダから「ラライの研究記録を持ってきてくれ」と頼まれたので、筋肉3人を連れて旅の扉・緑にいきます。

目的地のガライの町に着くと、ひょうがまじんホークマンたちと戦闘になりますが、ここは落ち着いて、肌身離さず持ち歩いているまほうの大砲を床に置き、味方の筋肉もろとも大砲でドカーンドカーンとやっつけました。

町に壊れかけたキラーマシンが倒れているので、話しかけると「ラライの研究記録」を私にくれました。こういう主人思いで孤独なロボットを見ると、ドラクエ7にでてきたエリーのことを思い出してせつなくなってしまいます。

ドラクエシリーズで唯一私を泣かせたシーンがドラクエ7のエリーでした。

 

「ラライの研究記録」を拠点にいるアルメダに渡したあと、シュネリの依頼でラライのいる塔に行きました。

どうやら以前、アルメダがいる牢屋の前にいた男の幽霊は、ラライの幽霊だったようです。

f:id:Asami:20160219010235j:plain

 

その後、ガロンにラライに竪琴を渡してくれ!」と頼まれたので、旅の扉・緑の目的地へ行きました。

右上マップのQマークを追って場所を探していると、Qマークが移動してわけがわからなくなりましたが、氷の山を壊したら中に宝箱があり、材料の壊れた銀の竪琴をゲットしました。

f:id:Asami:20160219010117j:plain

 

壊れた銀の竪琴、おもいでの弦、銀3から銀の竪琴を作り、ラライに渡すとブルーブロックをひらめきました。

その後、ラライの倉庫でブルーブロックを使って宝箱を開けると、マシンパーツを作れるようになりました。

 

ところでアルメダはラライを本当に殺したのかという謎でしたが、本当に殺してました。

アルメダとラライは昔恋人同士でマモノを倒す研究仲間でした。

ある日、竜王が「人を超えた知恵を授けよう」と言ってきて、その誘いに乗ってしまったラライは、精神が壊れてしまい、アルメダはそんなラライを見ていられなくなり、救うために殺したとのことです。

勇者に対する「世界を半分やろう」といい、竜王の特技は「ゆうわく」なんですね。相当口がうまいに違いない!気をつけよう!

 

そうしてアルメダと話すと最強の兵器を作るんだ!」ということになり、いよいよ最終決戦が近づいてきた感じです。

例のごとく攻略サイトさまを見て、寄り道クエストを全て片付ける旅を始めようと思いますが、今回はここまで。

 

 

広告を非表示にする