読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

ドラゴンクエストビルダーズ 7

リムルダール編(3)

ゲンローワと話すと「農業の記録を探すのじゃ」と命じられました。

釣りの次は農業!いいですね!食生活も豊かになりますね!

 

旅の扉・赤の土地へ行き、目的地へたどり着くと、レンガ造りの城のようなところにいるメーダと戦闘に。

メーダを倒して宝箱から農業の記録を入手するとくまで、小麦のたね、大豆の芽、たねイモ、ハートのたねのレシピをひらめきました。ハートのたねというのがなんなのか謎ですが、きっとこれですてきな農業ライフが過ごせるにちがいありません。

 

その後、ゲンローワから設計図「畑のめざめ」をもらい、「畑を作るのじゃ」ということで畑作り開始です。

設計図の畑に必要な材料は

土20・畑13・木のさく18・木の階段2、小麦5・じゃがいも3・まめ5です。

小麦の場所は旅の扉・赤の高台を登ったところで、じゃがいもの場所はレンガ造りの関所を越えたところです。

じゃがいもの花は「白い花」とそっくりなので、ずっと気づかなくて、じゃがいも探しの旅に1時間近くかかってしまいました・・・

f:id:Asami:20160212200937j:plain

そうして、それらを調合ツボでタネに変え、くまでで土を耕した場所にまきます。

畑完成!

 

その後、患者さまたちが「フライドポテトが食べたい」「サケのムニエルが食べたい」「ブイヤベースが食べたい」など次々と贅沢三昧な注文をつけてくるので、それらをせっせと作る私の食事はもっぱらイワシの炭焼き。

ちなみに材料のサケやらタイやらマグロやらは旅の扉・赤のレンガ造りの関所を越えたところの海で釣りました。

 

竜王軍と3度目のバトルとなり、襲ってくるじんめんじゅたちを倒し、ベッドで眠ると、夜中に目が覚めました。町がただならぬ気配に覆われている!

シスターエルとゲンローワを連れて病室へ行くと、患者さまたちの様子がおかしい。話しかけると次々と患者さまたちがくさった死体になっていく!!

くさった死体となった患者さまたちが襲ってくるので、それを倒し、一夜明け、ミノリと話すと、空を飛ぶヘルコンドルと戦うために「大弓を作ってください!」と頼まれました。

ヘルコンドルというとメルキドでいうゴーレム的な存在ですよね。

空からまた町を壊されるのかと思うと今から恐怖!

「たくさん作って高いところへ置いておくといいですよ」とミノリが言うので、とりあえず8個作り、東西南北に2個づつ配置しました!

そして、ゲンローワと話すと、くさった死体となった患者さまたちの病を作ったのは、弟子のウルスという人物が関係しているだろうから、「ウルスの元へ行ってくれ」

頼まれます。

 

旅の扉・赤の奥地へと進み、ウルスにゲンローワからの手紙を渡すと、ウルスがくさった死体へと変身してしまいましたよ。どうなってるの。

倒すと、ウルスからお礼を言われ、ゲンローワ宛の手紙をもらいます。

 

拠点へ戻り、ゲンローワへウルスの手紙を渡すと、病気と闘うのはやめたほうがいいのかもとかなんとかゲンローワが言い出しましたが、それはひとまず置いておいて拠点レベルを4にし、竜王軍と4回目のバトルに。

襲ってくるくさった死体たちを倒すと、旅の扉・緑を手に入れました。

これでまた新しい世界に行けるのですね!

と、喜んでいたらシスターエルが倒れている!!

どうやらエルも病に感染してしまったらしい。

慌てて話しかけると「もう病は治らないのです。この病を広めないためにも、私を殺してください」なんて、悲しいことを言っています・・・

しかしながら殺すわけにもいかないので、シスターを片手でかつぎ、ベッドまで運んだところで今日はここまでに。

 

 

広告を非表示にする