ふんわり魂

ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。ネタバレ多めですので未プレイの方はご注意ください。

トラスティベル~ショパンの夢~ ルプリーズ 3

ハノンの丘を越えて、フォルテ城下町に到着しました。

このフォルテ城下町に到着する手前で、緑色の天使ヤギとの戦闘中にポルカが死亡してしまい、HP1の瀕死な状態で城下町到着ですよ。

もう「ハアハア、宿屋どこーー!」な状態なわけですよ。

観光もせず、とりあえず宿屋へ直行。

が、だがしかし、泊めてもらえない・・・

初対面の少女が、宿屋の男の子フィルがいなくなったので探してきてとか言ってる。

えと、なんですか?宿を求めて立ち寄ったただのお客様な我々に対して、ずうずうしいにもほどがあるその依頼。いったいこの宿屋はどういう・・・といった私の心中などおいてけぼりで、アルグレットが引き受けてしまったので、休息もできないままフィル探しへ。まあ、町の中での聞き込みだけならHP1でもできるというものです。

酔っ払いのおじさんからフィルは崖に行ったという情報を得て、絶壁グリッサンドへ。

ちらほらコウモリみたいなモンスターも見えるので、しぶしぶ回復薬を飲みました。

それにしてもこの崖、地獄まで続いているのかと思うくらいの高さで、こんなところから落ちたフィルはもう死んでるだろうと思っていたら、木に引っかかっていておどろきの無傷。サンキューとか軽いノリでお礼を言われ、元気に帰っていきました。

そうしてようやく宿屋へ泊まることができました。宿代は無料でしたがスイートルームではなかったようです。そして2日目からは普通に宿代はとられます。世知辛い。

 

翌日、フォルテ城へ向かうと、城前で白髪のモヒカンことチューバにからまれ、戦闘に。

防御ボタンをうまく押せないと、すごいダメージがきて死んでしまいます。・・・死んでしまいました。

なんとか勝利して倒したのだけど、牢屋へ連れていかれてしまいました。なぜ・・・

アルグレットが牢屋の鍵を開けて、牢屋にいたサルサとともに、脱出することに。

無事脱出すると、アゴゴの森の番人であるサルサを救出するためにやってきたアンダンティーノの人たちと出会いました。

アンダンティーノも鉱封石の生産を止めたいらしく、一緒に逃げながらその理由などを聞きました。そんな話をしているところへ、再びあの白髪のモヒカンのチューバさんが!

再び戦闘に。

ってなんか勝手に戦闘メンバーが変わってるんですけど!!!

スタメンから常に外していたビートがはいってる!そして回復役のポルカが外れている!!

しかもなんか前回よりもチューバの攻撃が痛くなってる!?

・・・全滅

 

今回はこのへんにしといてやる!